50代 スキンケア

50代のスキンケアに必要な3つの習慣

LINEで送る

もう肌へのストレスは許されない

やさしく、しっとり、確実に
やさしく、しっとり、確実に50代のスキンケアには、肌を守る機能が低下した肌を傷つけずに行うことが必要ですが、そのためには以下のことに気をつけることが大切です。。
  • 何度も触れたりして、肌にストレスを与えない
  • 常に肌を潤し続け、再生を活性化させる
  • 肌に不足している美容成分を補う
特にその年代の肌に不足している成分を補わないままでいると、肌のバリア機能はさらに低下し、シミや小じわなど、様々な年齢肌の症状へとつながってしまいます。

肌の再生周期は、どんどん遅くなっている!

肌の再生周期は、一般的に約28日と言われていますが、年齢を重ねるとともに再生に必要な栄養や力が低下するため、どんどん遅れていきます。

それを活性化させるためには、栄養となる美容成分や保湿成分をたっぷり肌に与えてあげることが必要なのです。

そのための方法として手軽で確実なのは、再生に必要な美容成分をたっぷり配合した化粧品でスキンケアをしてあげることです。

50代のアンチエイジングの超定番といえば

様々な年齢肌の症状が気になり、そしてその症状の改善をしたいという方にオススメなのが、メディプラスゲルです。

セラミドやヒアルロン酸を始め、肌の再生や年齢肌の改善に欠かせない、62種類もの豊富な美容成分が配合されています。

また敏感肌用に作られたオールインワンゲルなので、刺激のある成分や肌への過度なケアで肌を傷める心配がないのはもちろん、ポンプ式で清潔なスキンケアが手軽にできるのも人気の理由です。

失敗しないために、確実なケアだけを行いましょう

年齢肌の症状を改善し、維持していくためには、効果のないケアで肌を傷めないようにすることが重要です。

肌が欲している美容成分を補うことのできる製品で、確実なエイジングケアを行いましょう。
LINEで送る

こんな記事も読まれています
50代のスキンケアにおけるポイントはいくつかあります。まずは効果が感じられないケアは辞めること。そして手間をかけ過ぎないこと。そして肌の状態に合ったエイジングケア化粧品を使用すること。これらのことを意識して、普段のスキンケアを行うことが大切です。
効果が感じられないケア…心当たりが多い方も多いと思います。効いているか効いていないかよくわからないけど、辞めるのは怖い。そう思うのは当然です。何もスキンケアそのものを辞める必要があると言っているわけではありません。重要なのは、効果の感じられるケアを見つけ、それだけを続けていくことなのです。それは使用直後の使用感だったり、使っていくうちに化粧ののりが変わってきたことだったり、人それぞれに異なるかもしれません。ただ共通して必要なのは、とにかく肌を乾燥させないために保湿成分をお肌にたっぷりと補うケアをしてあげることです。それによって肌の保湿力を高め、しっとり肌へと近づくのです。
また手間をかけ過ぎないことも重要です。化粧水や美容液、乳液にクリームと、年齢を重ねたお肌には何かと手間をかけたケアを行いがちです。それらの基礎化粧品によるケアが無駄な訳ではありませんが、乾いた肌は肌を守るバリア機能が低下していることも多く、そんな肌に基礎化粧品によるケアと称して何度も触れることは、肌の組織をさらに破壊することにつながっていきます。またエイジングケアと一口に言っても、乾燥肌に敏感肌、シミなどの美白など実に様々です。そしてそれぞれの症状によって、必要な美容成分やケアも異なるのです。