エイジングケア やってはいけない

やってはいけないエイジングケア

LINEで送る

エイジングケアに、手間暇は必要ありません

過保護なケアは、かえって肌を傷つける
過保護なケアは、かえって肌を傷つける弱った肌にあれこれ手間暇をかけたエイジングケアを行いたいと思うのは当然ですが、肌を傷つけないためには、以下のことに注意する必要があります。
  • 肌を乾燥させない
  • 効果のないケアは行わない
  • 何度も肌に触れない
肌を乾燥させない、いわゆる保湿はエイジングケアの基本ですが、保湿にほとんど意味の無い、例えば化粧水などでのケアはかえって乾燥を悪化させる場合もあります。

また肌に何度も触れることで、バリア機能が低下した肌にはそれが刺激となってしまい、さらには手に存在する雑菌がうつる危険性も高まってしまいます。

「やってはいけないケア」をしないために、必要なこと

エイジングケアで最も重要な保湿で効果をあげるためには、先ほども述べたように、化粧水の使用はオススメできません

化粧水などの水分だけを与えても、年齢とともに保水力が失われた肌からはすぐに蒸発してしまうどころか、肌にもともと存在する水分と結合して蒸発してしまうからです。

保湿に必要なのは水分ではなく保湿成分を補うことであり、特に水との結合力の高いセラミドなどの補給は、高い保湿効果を肌にもたらします。

やってはいけないケアをしたくない方へ

肌を傷めるケアをしないのと同時に、確実に肌に効果をもたらすエイジングケアをしたいという方にオススメなのが、メディプラスゲルです。

オールインワンゲルならではのシンプルケアで肌を傷めることがなく、また敏感肌用に作られた製品なので、肌を傷める心配もありません

さらに62種類もの豊富な美容成分の中に、セラミドやヒアルロン酸などの保湿成分もたっぷり配合されているので、少ないケアでしっかりと肌を潤し続けてくれます

やってはいけないケアをしたくないなら、確かめてみる価値のある商品です。
LINEで送る

こんな記事も読まれています
エイジングケアでやってはいけないことがいくつかあります。第一に洗顔の後、美容液やクリームなど、多くのスキンケア用化粧品で何度も肌に触れてしまうことです。エイジングケアを行う対象は、老化したお肌です。老化した肌は、肌を守る力も弱まっています。多くのケアで肌の組織も傷つけてしまい、さらなる肌トラブルを招くこともあるのです。年齢肌を改善するためには、なるべく肌に接触する機会を避けながら、効果的なケアだけを行うことが求められます。
またシミや乾燥など、ありとあらゆる肌の状態をケアしようとし過ぎるあまり、乾燥肌対策がおろそかになっている場合もあります。美白や毛穴など、気になる肌の状態を改善するケアも大切ですが、エイジングケアに限らず、スキンケアの基本は保湿です。保湿によって肌が潤うことで肌の再生が活性化され、いわゆる自然治癒力を活かしたスキンケアが可能になるのです。そのためには、保湿成分を豊富に配合した化粧品によるケアが不可欠です。
さらに最も大切なのは、正しいケアを継続することです。肌の再生サイクル、いわゆるターンオーバーの周期は、通常は約28日と言われています。ただ年齢を重ねるにつれ、その周期はどんどん遅くなっていきます。そしてその肌の周期を改善するためには、徹底して保湿し続けることが大切なのです。ただしそれだけでなく、細胞レベルに働きかける成分によるケアをセットで行うことも必要です。そしてその方法は、化粧品によって様々です。