30代 ターンオーバー

30代はターンオーバーで肌改善!答えは湿潤ケアにあり

LINEで送る

30代のターンオーバーケアで、その後の肌は決まる

湿潤ケアという考え方
湿潤ケアという考え方30代になると肌から様々な力が失われ始め、放っておくとシミやくすみ、乾燥など、多くの年齢肌の原因になってしまいます。

それを改善していくためには、肌のターンオーバーを促し、肌本来の保湿力やバリア機能などを回復・維持させていくことが必要です。

そしてその方法として、細胞レベルで肌の隅々まで潤し続けて肌の再生を促す、湿潤ケアが今注目されています

30代からのターンオーバーケアは、湿潤ケアで行う

皮膚の創傷、いわゆる傷は、従来は消毒したり乾燥させたりして治すのが当たり前でした。

しかし近年、創面が乾燥しないように潤し続け、自然治癒力を引き出して治す湿潤ケアが主流になりつつあります。

そしてその湿潤ケアを、年齢とともに傷つき始めた肌の再生に応用し、肌のターンオーバーを促すエイジングケアが広がっています。

30代からのターンオーバーケア!湿潤ケアの火付け役

30代の方を中心に、ターンオーバーを促進する湿潤エイジングケアで人気を呼んでいるのが、リ・ダーマラボのモイストゲルプラスです。

まさに皮膚の湿潤ケアの理論から生まれたオールインワンゲルで、ヒアルロン酸などの美容成分と、EGF(※)など先進のエイジングケア成分の相乗効果により、徹底的に肌を潤します。(※EGF様成分(整肌作用))

それによって肌のターンオーバーを促進するのはもちろん、肌の再生が短期間で実感できると評判です。

まだ間に合う!未来の肌のために

弱っている肌ほどその再生には時間と手間がかかるため、ターンオーバーを促すエイジングケアは、早く始めるに越したことはありません

そのためには、肌本来の再生力を活性化させることができるものを選ぶことから始めることが大切です。
LINEで送る

こんな記事も読まれています
年齢を重ねるとともに、肌の力はどんどん衰えていきます。そして効果的なケアを行わないと、シミやくすみ、小じわ、毛穴の開きなどの年齢サインや肌トラブルの原因になってしまいます。だからこそそれらのサインがまだ表れていない状態、もしくは表れ始めのときに、早めにお肌のアンチエイジング、いわゆるエイジングケアを始めることが重要なのです。何歳から始めればいいのかなどという悩みを持っている方が多いようですが、それこそ今すぐに始めるべきでしょう。
そしてエイジングケアの基本となるのは保湿ですが、単に肌に水分を与えればいいというものではありません。逆にこまめに水分を与えることが、乾燥の原因になってしまうこともあるのです。必要なのは、コラーゲンやヒアルロン酸、セラミドなど、保湿成分、美容成分を肌に与えて乱れた肌の周期を整え、いわゆるターンオーバーを促進して肌そのものの再生を促すケアです。
そしてそのためのケアとして今注目を集めているのが、湿潤ケアによって肌改善を行っていくエイジングケアです。肌の傷を消毒したり乾燥させたりせず、潤いのある状態を保つことによって肌そのものの自然治癒力を活かした、湿潤療法という理論を活かした、美肌のためのスキンケアです。